メニュー

お子様の病気について

一般的な子どもの病状・病気について

子どもたちは、発熱、けいれん(ひきつけ)、頭痛、めやに・目の充血、耳の痛み・耳だれ、鼻水・鼻づまり、のどの痛み、咳(せき)・ゼーゼー、腹痛・下痢・嘔吐、皮膚のかゆみ・湿疹などの症状をよく訴えます。このような症状や、以下のような小児科一般の病気、またアレルギーの病気を当院では診断・治療しています。

アレルギー疾患

ぜん息、アトピー性皮膚炎、じんましん、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、スギ花粉症、食物アレルギー、アナフィラキシーなど

 伝染性疾患

インフルエンザ、水痘(みずぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、麻疹、風疹、手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱、とびひ、水いぼなど

溶連菌感染症、アデノウイルス感染症、RSウイルス感染症、マイコプラズマ感染症、ロタウイルス感染症、ノロウイルス感染症など

呼吸器疾患

扁桃炎、咽頭炎、クループ、気管支炎、細気管支炎、肺炎など

消化器疾患

胃腸炎、便秘症など

慢性疾患

鉄欠乏性貧血、肥満、夜尿症(おねしょ)、腎炎など

やわらかい便-それって病気?

便がしゃーしゃー水みたい、つまり水様便です。べちょべちょしていれば泥状便や軟便です。外来には「下痢です」と言って来られる場合がよくあります。
ウイルス性の胃腸炎や食中毒の可能性があります。

また消化管アレルギーで、牛乳などのアレルギーかもしれません。その場合は、便に粘液や血液が混じることもあります。粘液というのは、粘っこい鼻水のような感じです。また潰瘍性大腸炎やクローン病など重い病気の始まりかもしれません。

便は、大腸の中で水分が吸収されれば硬くなっていきます。十分吸収できなければ便は軟らかくなります。ほとんど吸収されなければ、水様便です。
病気の場合に下痢になりますが、逆に腸が正常でも水分を飲みすぎて、大腸での吸収が追いつかないと便は軟らかくなります。

お母さん方は、「便が軟らかいのは病気?」と思って、消化のよいものとして水分の多いおかゆなどを与えます。また「下痢」と思って、水分不足にならないようにと、水分をしっかり与えます。そうすると大腸に到達した便中の水分が多すぎて、大腸で吸収しきれないために便が硬くなりません。便が軟らかいとお母さんは心配で、また水分の摂取が多くなる、つまり悪循環になるのです。もちろん病気のときにおかゆや水分摂取は大切です。しかし腸が正常でも、水分を取りすぎると、便は硬くなれないこともあるということです。

軟らかい便が1日に1-2回で、子どもは元気であって、尿がしっかり出ていれば、腸は正常であるかもしれません。もちろん病気の可能性もありますので、心配なら受診してください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME