メニュー

お子様の病気について

一般的な子どもの病状・病気について

子どもたちは、発熱、けいれん(ひきつけ)、頭痛、めやに・目の充血、耳の痛み・耳だれ、鼻水・鼻づまり、のどの痛み、咳(せき)・ゼーゼー、腹痛・下痢・嘔吐、皮膚のかゆみ・湿疹などの症状をよく訴えます。このような症状や、以下のような小児科一般の病気、またアレルギーの病気を当院では診断・治療しています。

アレルギー疾患

ぜん息、アトピー性皮膚炎、じんましん、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、スギ花粉症、食物アレルギー、アナフィラキシーなど

 伝染性疾患

インフルエンザ、水痘(みずぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、麻疹、風疹、手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱、とびひ、水いぼなど

溶連菌感染症、アデノウイルス感染症、RSウイルス感染症、マイコプラズマ感染症、ロタウイルス感染症、ノロウイルス感染症など

呼吸器疾患

扁桃炎、咽頭炎、クループ、気管支炎、細気管支炎、肺炎など

消化器疾患

胃腸炎、便秘症など

慢性疾患

鉄欠乏性貧血、肥満、夜尿症(おねしょ)、腎炎など

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME