メニュー

ご挨拶

SONY DSC

私は、京都大学医学部を昭和56年に卒業、1年間京大病院小児科で研修後、兵庫県立塚口病院に赴任しました。現在の兵庫県立尼崎総合医療センターです。ここで数年間、小児科医として勤務したあと、京大医学部の大学院に入学し免疫・アレルギーの研究に従事、医学博士号を取得しました。その後、京大医学部小児科の助手を1年半務めた後、アメリカ合衆国アイオワ大学の病理学教室で3年間、免疫の研究を行いました。帰国後、天理よろづ相談所病院で21年間、小児科医として勤務し、その内の10年間は小児科部長、小児アレルギーセンター長を務めました。

私は、子どもたちと向き合い、子どもたちが置かれている生活環境を見つめ、保護者の方々とともに子どもたちの健康増進、また病気の治療を行いたいと思っています。

たとえばダニアレルギーでぜん息の子どもたちには、部屋の掃除や布団を干して掃除機をかけるなどのダニ対策が大切ですが、それとともに家の中で子どもたちが暴れないことも重要です。いくらお母さんがきれいに掃除しても、子どもたちが部屋で暴れるとダニアレルゲン(アレルギーの原因物質をアレルゲンと言いますが、ダニではそのフンや死骸がアレルゲンです)が部屋中に舞い上がって、ぜん息発作が出てしまいます。兄弟にも部屋で暴れないこと、また掃除しやすいように、自分たちの部屋を片付けることも必要です。また逆に家でお母さんが掃除のことばかりに気を取られていると、子どもたちが学校でのこと、友達のことなどを話したいのに、話せなくなってしまう危険性もあります。

一方、友達の家やおばあちゃんの家に行くときもダニの存在に注意が必要です。学校生活においてもダニはいますし、運動会の砂ぼこりや教室のチョークの粉など、気管支を刺激する物質もあります。冬場のマラソンもぜん息を起こしやすくします。それぞれの子どもたちで悪化因子はさまざまです。子どもたちにとってどうすることが必要なのかを、子どもたちと、またお母さんたちと考えていきます。

宣伝になりますが、平成28年10月に「アレルギーから子どもを守る-ダニ対策24の秘訣-」という本を発刊しました。ダニ対策のほかに、アレルギーについての一般的なことやアレルギーがなぜ増えたか、また子どもたちを取り巻く生活環境についての私の考えなども紹介しています。よければ近くの書店やネットを用いてアマゾンでお求めください。

アレルギーから子どもを守る院長 南部光彦

 

略歴

昭和30年(1955年) 京都市で生まれる
昭和49年(1974年) 京都市立堀川高校卒業
昭和56年(1981年) 京都大学医学部卒業、医師免許取得
昭和57年(1982年) 兵庫県立塚口病院小児科勤務
昭和61年(1986年) 京都大学医学部大学院内科系入学
平成2年(1990年) 同上 修了、医学博士号取得
  京都大学医学部小児科 助手
平成4年(1992年) 同上 休職
 

アメリカ合衆国アイオワ大学病理学教室 留学

平成7年(1995年) 天理よろづ相談所病院小児科 勤務
平成13年(2001年) 同上 小児アレルギーセンター 副部長
平成17年(2005年) 同上 小児科部長、小児アレルギーセンター長
平成25年(2013年) 京都大学医学部臨床教授 兼務
平成28年(2016年) 天理よろづ相談所病院 退職
平成29年(2017年) なんぶ小児科アレルギー科 開設

所属学会・資格

  • 日本小児科学会専門医・近畿地区代議員・近畿地区資格認定委員会委員

  •  日本小児科学会奈良地方会評議員

  •  日本アレルギー学会認定指導医・代議員・広報委員会Web編集専門部会委員

  • 日本小児アレルギー学会理事・疫学委員会委員・管理票評価ワーキンググループ委員・災害対応ワーキンググループ委員・小児喘息のコントロール評価ワーキンググループ委員

  • 第52回日本小児アレルギー学会会長(2015年)

  • 日本小児難治喘息アレルギー疾患学会編集委員

  • 第25回日本小児難治喘息アレルギー疾患学会会長(2008年)

  • 日本ダウン症療育研究会幹事

  • 第7回ダウン症療育研究会会長(2009年)

  • 第16回ダウン症療育研究会会長(2014年)

  • 日本小児保健協会代議員

医師会・地域医療活動

  • 奈良県社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員
  • 奈良県教育委員会学校保健課題解決ワーキング委員
  • 奈良県いじめ対策連絡協議会委員

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME