メニュー

予防接種

予防接種を受けよう!

私はこの21年間、天理よろづ相談所病院小児科で勤務してきましたが、赴任した当時はまだヘモフィルス・インフルエンザ菌(ヒブ)や肺炎球菌の髄膜炎を発症した子どもたちがいました。中には後遺症を残した子もいました。

それがヒブと肺炎球菌ワクチンが定期接種されるようになり、髄膜炎で苦しむ子どもは激減しました。
定期の予防接種としてはそのヒブと肺炎球菌ワクチン、それにB型肝炎ワクチンが生後2か月から、4種混合ワクチン(百日咳、ジフテリア、破傷風、不活化ポリオ)が生後3か月から接種できます。5か月になればBCGです。

任意接種は2か月からのロタウイルスワクチンがあります。ロタウイルスでは胃腸炎が主ですが、天理よろづ相談所病院勤務中にロタウイルスによる脳炎の子も2人、経験しました。
1歳になれば麻疹・風疹の混合ワクチン(MRワクチン)や水痘ワクチンが始まります。任意接種でおたふくかぜもあります。日本脳炎ワクチンは定期接種で3歳からです。

予防接種のスケジュールは複雑ですので、何か質問や相談があればお電話ください。予防できる疾患は予防接種でしっかりと予防しましょう。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME